ドラマを見たりしていた

21時から放送されているドラマを見ました。

 

途中から見ましたが毎回面白くて、つい見てしまいます。来週も楽しみにしています。

 

そして、アイスクリームを食べました。上には濃厚のガトーショコラで真ん中はココアクッキーで下にはバニラアイスが入っているアイスクリームを食べました。味がちょうどよくて美味しかったです。ガトーショコラは本当に濃厚でした。そして、22時くらいから放送されているバラエティー番組を見ました。

 

ゲストは、俳優の人が出ていました。今回は、県民の人たちがプレゼンする魅惑の鎖国グルメについてやっていました。途中でクイズをやったりしていました。

 

最初は、静岡県にあるげんこつハンバーグを紹介していました。次は、宮崎県にあるチキン南蛮を紹介していました。鶏のむね肉を使っているみたいです。

 

こってりしていなくてあっさりしていそうなので、食べやすそうだなと思いました。次は、山口県にある瓦そばを紹介していました。初めて見るそばでした。

 

次は、熊本県にあるタイピーエンというグルメを紹介していました。中華料理みたいです。麺がはるさめでした。次は、北海道にあるチャイニーズチキンバーガーを紹介していました。美味しそうでした。

 

そして、次は代行調査のコーナーをやっていました。あるノートに書かれた謎の女の人について代行調査していました。新たな事実が出てきたので、最新の機械でやるとすごいなと思いました。次は、いきなり取材というコーナーをやっていました。今回は長野県の松川村というところに行って、いきなり取材をやっていました。

 

そして、勉強をしました。まずは円盤の持ち方についてです。第1関節のところで円盤のフチを押えます。ターンを行う理由は、からだの回転(ターン)によって、できるだけ大きな加速度を円盤に与えるためだそうです。次は、やり投についてです。

 

クロスステップ投法は助走スピードを生かして投げに移るすばやい動きや、一瞬のうちにやりの方向を定めるコントロールの能力を高めます。肩の上にやりを持ちます。体をしならせてから、高い位置から投げ出します。走者1人1人に割り当てられた走路をレーンといいます。特に短距離走ではそれぞれのレーンを走らなければなりません。

 

短距離走のスタートは、「位置について」「用意」のあとにピストルの合図で出発します。中距離走のスタートは、「位置について」のあとに出発の合図がなされます。

 

ハードル走は、自分のレーンの10台のハードルを越さなければなりませんが、故意でなければ疾走中に何台ハードルを倒しても失格にはなりません。リレー競技では、20mのテークオーバーゾーンの中でバトンの受け渡しを完了しなければなりません。

 

次走者はゾーンの10m手前からスタートしてもいいそうです。パスは次走者にバトンが触れた瞬間から始まり完全に渡ったとき成立します。

 

パスの最中にバトンを落としたときは、どちらが拾ってもいいそうです。勉強になりました。

コメントを残す